女性にとっておすすめの良い育毛剤はこの2つ!覚えておこう!

薄毛や抜け毛に悩んでいる女性はどの育毛剤を使ってよいかわからないのではないでしょうか?

そんな方には、女性用育毛剤の中から選ぶことをまずおすすめします。

これは前回も触れましたが、男性用の育毛剤はリスクが伴うことがあるためです。

また、何より薄毛や抜け毛の原因が異なるので、十分な効果も期待できません。

それでは、女性用育毛剤の中からどれを選べばよいのか?

このことについて、ここでは2つの女性用育毛剤をご紹介するので、ぜひ検討してもらえばと思います。

おススメする2つの女性用育毛剤 

ここでおすすめする女性用育毛剤が、

  • ベルタ育毛剤
  • マイナチュレ

の2つの育毛剤です。

なぜおススメなのか?ということが気になっていると思いますので、次から説明していきます。

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤をおすすめする理由は以下の3つ

  • 女性用に特化した育毛剤であること
  • 妊娠中、出産後でも問題なく使えること
  • 育毛成分を頭皮に浸透させるナノ技術

女性用に特化した育毛剤

女性と男性では抜け毛や薄毛の原因が異なります。

男性の場合は、遺伝や男性ホルモン自体が原因なのに対し、女性は、女性ホルモンの減少によって肌状態が変化することが大きな原因となります。

つまり、妊娠や出産による女性ホルモンの分泌量減少による頭皮の乾燥です。

また、これは、ストレスや過度なダイエットによってでも生じます。

この頭皮の乾燥により、抜け毛や増えて薄毛になるのです。

つまり、女性にとって良い育毛剤とは、頭皮に栄養を与え乾燥を防ぐことが第一となります。

ベルタ育毛剤は、56種類の天然由来の成分が含まれており、

  • 保湿や血行促進
  • 痒みフケ防止
  • 頭皮ケア

を行ってくれます。

妊娠中、出産後でも問題なく使える

そして、ベルタ育毛剤の99.6%が天然由来の成分で作られているので、全く危険はなく安全です。

ですので、妊娠中や出産後のようなデリケートな時期でも問題なく使えます。

育毛成分を頭皮に浸透させられるナノ技術

ベルタ育毛剤は頭皮につける液状の育毛剤です。

一般的な育毛剤は、頭皮につけてからマッサージをすることで、毛穴深くに浸透させます。

これは、育毛剤は、毛穴深くに浸透させることで育毛効果を得られるためです。

つまり、毛穴深くに浸透できなければどんな育毛剤でも意味はありません。

ところがベルタ育毛剤は毛穴深くに育毛成分を送るためにある工夫がされています。

それが、ナノ化です。

簡単にいうと、これは成分が極々小さくしているんです。

こうすることによって、毛穴の奥深くに確実に育毛剤分を浸透させます。

ベルタ育毛剤はかなり良い育毛剤

初めにご紹介したようにベルタ育毛剤は、

  • 女性用に特化した育毛剤
  • 妊娠中、出産後でも問題なく使える
  • 育毛成分を頭皮に浸透させるナノ技術がある

この3つの特徴があるのでとてもおススメです。

ベルタ育毛剤に関する詳細な情報はこちらのサイトにも記載されています。

>>ベルタ育毛剤の情報サイト

マイナチュレ

次にご紹介するのがマイナチュレです。

マイナチュレもベルタ育毛剤と似た理由ですが、かなりおすすめできる育毛剤です。

  • 女性用に特化した育毛剤
  • 妊娠中、出産後でも問題なく使える
  • 返金保証制度が充実

この3つが魅力的ですね。

女性用に特化した育毛剤

頭皮を健やかに保つための植物由来の成分である数多くのアミノ酸を使っています。

なんと10種類も使っており、さらに27種類の天然成分も配合されています。

これによって、女性の薄毛や抜け毛の原因である頭皮のダメージやホルモンバランスの乱れを改善することができます。

妊娠中、出産後でも問題なく使える

マイナチュレは、香料、着色料、酸化防止剤などを一切入れない無添加育毛剤です。

ですので、妊娠中や出産後の女性でも安心して使うことができます。

返金保証制度が充実

マイナチュレは全額返金保証制度がかなりすごいです。

なんと6カ月間使っていても、全額返ってきます。

ですので、マイナチュレの効果に不安がある人でも安心して使うことができます。

この全額返金制度に関しては、他の女性用育毛剤にはない特有の利点ですね。

まとめ

女性の薄毛や抜け毛は、生活環境や女性ホルモンの分泌量に左右されるものです。

ですが、遺伝によって生じる男性と違って改善は容易です。

ベルタ育毛剤やマイナチュレ等、良い育毛剤を使うことによって確実に改善していきましょう。


女性は男性と同じ育毛剤を使ってはいけない|危険なものがあります

男性も女性も薄毛や抜け毛に悩んでいる方は多いですよね。

ですので、女性が男性の育毛剤を使っても効果があるんじゃない?

と考えている方は少なくないのではないでしょうか?

ですが、女性が男性用の育毛剤を使うのはやめましょう。

男性と女性とで薄毛や抜け毛の原因が違うことがありますし、何より、男性にとって有効でも女性にとっては害にしかならない育毛剤があります。

そこで、今回は特に女性にとって危険な育毛成分をご紹介いたします。

男性には効果の高いプロペシア

男性の薄毛や抜け毛は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

男性型脱毛症は、ある男性ホルモンの働きによって、引き起こされているのですが、この働きを抑えるのがプロペシアという薬です。

プロペシアは、男性型脱毛症に対しては、絶大な効果があります。

その効果の秘密は、プロペシアに含まれているフィナステリドという成分です。

このフィナステリドが男性型脱毛症を抑える働きをしています。

ですが、このフィナステリドは女性には全く効果がなく、むしろ危険であることがわかっています。

フィナステリドが男性型脱毛症に効果がある理由

では、なぜフィナステリドは男性には効果があって、女性には全く効果がないのでしょうか。

普通に考えると効果に違いはないような気がします。

ですが、男性の薄毛・抜け毛のメカニズムを見ていくとわかります。

男性型脱毛症のメカニズム

男性の薄毛や抜け毛が生じる男性型脱毛症は、男性ホルモンが原因です。

男性ホルモンは、テストステロンと呼ばれており、通常は筋肉や骨格を形成する役割を持ちます。

また、このときは、髪の毛に悪影響は与えません。

ですが、5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結合すると、ジヒドロテストステロンという、髪の毛にとって害のあるホルモンへと変わってしまいます。

これが、男性の男性型脱毛症のメカニズムです。

フィナステリドの役割

フィナステリドは、このジヒドロテストステロンを生み出す、5αリダクターゼの活動を抑える働きがあるのです。

なので、男性型脱毛症に大きな効果が期待できるのです。

逆に言うと、女性の薄毛や抜け毛の原因は男性型脱毛症のように、男性ホルモンが原因ではないことが多いので、効果がないということですね。

フィナステリドは女性にとって危険

フィナステリドを女性が使うことは、効果がないだけではなく危険も伴います。

特に、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすので、妊娠中の女性は絶対に摂取しないようにしましょう。

フィナステリドは皮膚から吸収してしまうので、フィナステリドが含まれているプロペシアは触れるのもNGです。

ですので、フィナステリドは男性が使える育毛成分なのです。

まとめ

プロペシアは有効な育毛剤ですが、男性だけに効果があるものです。

プロペシアに含まれているフィナステリドは、胎児に悪影響を及ぼすので、妊娠中の女性には触れないようにしましょう。


髪の毛の成長のための食生活|食べてはいけないものはコレです。

薄毛や抜け毛の改善のためには、

  • 食生活を改善し、髪の毛に必要なたんぱく質をキチンと摂取する
  • たんぱく質を分解して体に吸収させるために亜鉛を摂取する

これは、前回の記事で記載したので、皆さん理解いただけたと思います。

ですが、食生活で大切なことがもう一つあります。

それは、髪の毛の成長を妨げる食べ物をとらないことです。

これもかなり大事なことです。

詳しく解説していきますので見ていきましょう。

髪の毛の成長を妨げる食べ物をとらない

どんなものを食べてはいけないの?

と気にになる方がいると思いますが、まずは、髪の毛が成長するメカニズムについて説明します。

なぜなら、髪の毛が成長するメカニズムが食べてはいけないものと関係するからです。

髪の毛が成長するメカニズムとは?

では、髪の毛が成長するメカニズムについてみていきましょう。

髪の毛一つ一つには、根っこの部分に毛乳頭と呼ばれるものがあります。

この毛乳頭は、毛母細胞を分裂させる司令塔の役割があります。

毛母細胞は、髪の毛の成長にとって非常に重要です。

体のあらゆる組織は、細胞が分裂して生み出されたもの。

髪の毛も同じく毛母細胞が分裂することによって形成されます。

この毛母細胞の分裂を命令しているのが毛乳頭なのです。

つまり、逆にいうと、毛乳頭が毛母細胞に分裂するように命令できなければ、髪の毛は成長できないということでもあります。

毛乳頭の活動を妨げる食べ物はNG

毛乳頭は、髪の毛を成長につながる毛母細胞の分裂を命令する機能がある。

つまり、毛乳頭の活動が止まることは、髪の毛の成長を止めることになります。

ここで、本題となる髪の毛の成長を妨げる食べ物というのは、毛乳頭の活動を妨げる食べ物ということです。

毛乳頭の活動は血液の状態に関係がある

毛乳頭の活動元となるのは、髪の毛と同じく栄養素です。

ですが、一番重要なことは、栄養素が毛乳頭まで行きわたる状態になっているどうかです。

毛乳頭は、毛乳頭につながる毛細血管から栄養分をとりこんでいます。

ですが、食生活が乱れていると、毛細血管から栄養分を取り込むことができません。

なぜなら、毛細血管に流れる血液が少なくなっていたり、血液の循環が悪くなっていたりするためです。

こうなっていると、毛乳頭は毛細血管から栄養素を十分に受け取ることができません。

すると、毛乳頭の活動も制限されてしまうので、髪の毛も成長できなくなってしまうのです。

具体的にどんな食事がNGなのか?

 

おそらく、想像がつく方も多いと思いますが、コンビニ弁当、スナック菓子、チョコレート、ファストフードなど、脂分や、塩分、糖分が過剰に含まれているものは極力避けた方が良いです。

前回、髪の毛の成長に必要な栄養素は、たんぱく質と亜鉛とご紹介しましたが、この2つの栄養素を十分にとっていても、これら脂分や、塩分、糖分が過剰に含まれているものをとっていたとしたら、意味がありません。

なぜなら、そもそも髪の毛の成長に必要な栄養を送れなくなってしまうからです。

よくありがちなのは、「髪の毛にいいものを食べているから他に何を食べていても良い」と考える人です。

これは大きな間違いなので、絶対にやめましょう。

後程、女性用育毛剤についての記事を書く時にも触れますが、重要なことは、

髪の毛を増やすためにどんな行動をするか?

ではなく、

髪の毛に悪い行動を以下に減らすか?

の方です。こちらのほうがはるかに重要です。

まとめ

髪の毛の成長を支えているのは毛乳頭の活動です。

この毛乳頭が、正常に活動できるためにも、脂分や、塩分、糖分が過剰に含まれているような体に悪いものは極力取らないようにしましょう。

そうしないと、いくら髪の毛にとって良いものを摂取していたとしても意味がありません。


女性用育毛剤を使う前に改善できるかも?まず食事を確認しましょう

  • 髪の毛が薄くなってきた気がする。
  • 抜け毛が増えてきた。

そんな悩みを持った女性が最近増えてきています。

ですので、育毛剤を使いたいという方も多いのでは?

でもちょっと待ってください。

育毛剤をわざわざ使わなくても、薄毛や抜け毛が改善できる可能性があります。

今回は、まずは、女性用育毛剤を使う前に第一に確認することについてご紹介します。

食事と食習慣を振り返ってみよう

髪の毛の成長に欠かせないのが、髪の毛を形成する栄養素です。

これがなければ、いくら育毛剤を使っても髪の状態は改善されません。

なぜなら、育毛剤というのは髪の毛が生えやすいように頭皮の環境を整えるものにすぎないからです。

つまり、髪の毛が生えるのに必要な栄養素がもともと体の中に何にもなければ、いくら頭に育毛剤だけ付け続けても無駄というわけです。

最近、女性に薄毛や抜け毛が増えている原因はまさにここにあることが多いです。

一言でいうと、

  • 髪の毛に必要な栄養素を摂取できていない
  • 摂取していても体の中に吸収できていない

この二つの問題が髪の成長を妨げている最も大きな原因です。

髪の毛に必要な栄養素を摂取できていない

髪の毛の成分の9割以上はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。

たんぱく質は筋肉や骨格など、体の形成になくてはならない存在です。

つまり、髪の毛も体と同じようにたんぱく質から作られているのです。

ですので、まず髪の毛を成長させたければ、このたんぱく質を体に取り込まなくてはなりません。

体に取り込むのに一番効率が良いのが食事での摂取です。

最近の女性は、過度なダイエットや偏食などにより、たんぱく質を取り込むことができていません。

まず、たんぱく質を十分に摂取できているか確認しましょう。

たんぱく質は、肉類、魚類、卵、じゃがいも、乳製品、大豆「納豆、豆腐、味噌、きな粉」から摂取することができます。

摂取していても体の中に吸収できていない

食事でたんぱく質を十分に取れたら、次に気にしなければいけない問題が、そのたんぱく質を吸収できているかどうかです。

たんぱく質を体に取り入れても、それを栄養分として体に吸収させるためには、ミネラルが必須になります。

ミネラルの中でも特に必要なのが亜鉛です。

亜鉛は現代人に不足している栄養素ともいわれているので、意識して摂取するようにしましょう。

この亜鉛は、牡蠣、ほたて、ナッツ類、カニ、ウナギ、牛肉、玄米、卵、納豆、チーズ、のり、ごま等に含まれています。

まとめ

髪の毛の成長に必要なたんぱく質

また、たんぱく質を体に吸収させるための亜鉛。

まずは、これらを意識して食事に取り入れることで、育毛剤を使用しない薄毛・抜け毛の改善を目指しましょう。