女性は男性と同じ育毛剤を使ってはいけない|危険なものがあります

男性も女性も薄毛や抜け毛に悩んでいる方は多いですよね。

ですので、女性が男性の育毛剤を使っても効果があるんじゃない?

と考えている方は少なくないのではないでしょうか?

ですが、女性が男性用の育毛剤を使うのはやめましょう。

男性と女性とで薄毛や抜け毛の原因が違うことがありますし、何より、男性にとって有効でも女性にとっては害にしかならない育毛剤があります。

そこで、今回は特に女性にとって危険な育毛成分をご紹介いたします。

男性には効果の高いプロペシア

男性の薄毛や抜け毛は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

男性型脱毛症は、ある男性ホルモンの働きによって、引き起こされているのですが、この働きを抑えるのがプロペシアという薬です。

プロペシアは、男性型脱毛症に対しては、絶大な効果があります。

その効果の秘密は、プロペシアに含まれているフィナステリドという成分です。

このフィナステリドが男性型脱毛症を抑える働きをしています。

ですが、このフィナステリドは女性には全く効果がなく、むしろ危険であることがわかっています。

フィナステリドが男性型脱毛症に効果がある理由

では、なぜフィナステリドは男性には効果があって、女性には全く効果がないのでしょうか。

普通に考えると効果に違いはないような気がします。

ですが、男性の薄毛・抜け毛のメカニズムを見ていくとわかります。

男性型脱毛症のメカニズム

男性の薄毛や抜け毛が生じる男性型脱毛症は、男性ホルモンが原因です。

男性ホルモンは、テストステロンと呼ばれており、通常は筋肉や骨格を形成する役割を持ちます。

また、このときは、髪の毛に悪影響は与えません。

ですが、5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結合すると、ジヒドロテストステロンという、髪の毛にとって害のあるホルモンへと変わってしまいます。

これが、男性の男性型脱毛症のメカニズムです。

フィナステリドの役割

フィナステリドは、このジヒドロテストステロンを生み出す、5αリダクターゼの活動を抑える働きがあるのです。

なので、男性型脱毛症に大きな効果が期待できるのです。

逆に言うと、女性の薄毛や抜け毛の原因は男性型脱毛症のように、男性ホルモンが原因ではないことが多いので、効果がないということですね。

フィナステリドは女性にとって危険

フィナステリドを女性が使うことは、効果がないだけではなく危険も伴います。

特に、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすので、妊娠中の女性は絶対に摂取しないようにしましょう。

フィナステリドは皮膚から吸収してしまうので、フィナステリドが含まれているプロペシアは触れるのもNGです。

ですので、フィナステリドは男性が使える育毛成分なのです。

まとめ

プロペシアは有効な育毛剤ですが、男性だけに効果があるものです。

プロペシアに含まれているフィナステリドは、胎児に悪影響を及ぼすので、妊娠中の女性には触れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする